1. 空の彼方歌詞

「空の彼方」の歌詞 SUPER BEAVER

2010/10/6 リリース
作詞
柳沢亮太
作曲
柳沢亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
とお記憶きおく辿たどれば ぼくぼく裏切うらぎっていたこと
いくつもあって 嫌気いやけがさして わらえなかった
とお未来みらいのぞんだゆめいまもまだゆめのままでさ
やりれなくて いたいきそら彼方かなたへとすぐえた

何度なんど何度なんどよわさをのろうのに
現実げんじつけて やりごしてた

ぼくぼくゆるそうとして うそつないだとする
そのうちきっと 過去かこ未来みらいうしなって
いままできみわしてきた 言葉ことばまでうそになっていく
そんな世界せかいのぞんでないよ このさき
もうさよならなんだ もうさよならなんだ

昔描むかしえがいてた自分じぶんいまぼくじゃ他人たにんみたいでさ
記憶きおくなんて曖昧あいまいなんだって 誤魔化ごまかしていたけど

ぬふりしてた 矛盾むじゅんだらけのぼく
今君いまきみひとみから あふした

ぼくぼくまもろうとして らずらずにはなしてた
笑顔えがおおくかなしみさえも気付きづかずに
まもるべきもの見落みおとして つよさまでちがえるような
そんな自分じぶん自分じぶんでもくだらないよ
もうさよならなんだ もうさよならなんだ

何度なんど何度なんどよわさをのろうのは
まもりたいきみをまだ まもれないから

たとえば過去かこ未来みらいいま 無理矢理むりやりつながなくてもいい
つくわらいでまわ世界せかいに さよならを
だれもが日々ひびねがもと失望しつぼうしては希望きぼう
たとえばきっと それが素晴すばらしい世界せかい
ほらよるけるよ もうさよならなんだ

綺麗きれい言葉ことばだけじゃない よごれたなみだらして
それでもぼく今日きょうぼくだって そんな未来みらい