「道標」の歌詞 NARUTO-ナルト-少年篇 OP SUPER BEAVER

2008/11/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
朝焼あさやけにひかそら とどきそうで 高鳴たかな鼓動こどう
靴紐くつひもむすびなおして 目線めせんとおさき自分じぶん
ばせば つかめそうで つかめない距離きょり
たしかなきずなえずぼく背中せなかつづけている

何年なんねんまえから まってたのだろうか?
めぐめぐ季節きせつえて いま辿たどくこと

ただひたすらにこえをあげて 此処ここ存在そんざいすることを証明しょうめいして
ちゃんとってるんだ
明日あすなみだ笑顔えがお道標みちしるべなんだ このむねきざんで
可能性かのうせいすな

進行しんこう方向ほうこうが わからなくなっても 此処ここにある
道標みちしるべのそのさきこたえがあるだろう
いくうしなっても とどきそうで とどかなくても
あの約束やくそくおもせば 未来みらい手招てまねきしてくれる

何億なんおくなかの たったひとつになって
めぐめぐ季節きせつなかのこしてきた足跡あしあと

全身全霊ぜんしんぜんれいこえあげて あゆんできたみち此処ここ証明しょうめいして
かえったなら また
していけばいいんだよ かなしみのよるも このむねきざんで
てのひらをかざした

そうだ いつだって自分じぶんえらんできただろう
めぐめぐ季節きせつえて このあしつこと

無限むげんひろがる

ただひたすらにこえをあげて 此処ここ存在そんざいすることを証明しょうめいして
いまえていくんだ
しんじてきたこたえが 道標みちしるべなんだ このむねきざんで
可能性かのうせいすな

わかってる 存在そんざいする理由りゆう
意味いみのないことは ないだろう?
かかえてはなすな 可能性かのうせいという道標みちしるべ
自分自身じぶんじしんなんだ