「ゆっくりまわっていくようだ」の歌詞 SUPER BUTTER DOG

2008/9/17 リリース
作詞
永積タカシ
作曲
永積タカシ
文字サイズ
よみがな
hidden
テーブルをかこむそら
テーブルをけるかぜ
仕事しごとつづけるぼくらに
おだやかな時間じかんをくれる
真昼まひるそらをあおぐこともできぬ
くら部屋へやからしたいま

すべてがゆっくりまわっていくようだ
ゆっくりまわっていくようだ

まぶしい太陽たいようこげたトースト
にがのききすぎる紅茶こうちゃ
たいしたものなどなにもないよ
けどムズムズするほどどこかしあわせだ
季節きせつのひとつもかんじることもできぬ
つかれたまちからしたいま

すべてがゆっくりまわっていくようだ
ゆっくりまわっていくようだ

足元あしもとくこのはな大空流おおぞらながれてくあのくも
すべてぼくらのそばにあるさ

いちょう並木なみきのカフェテリアで
ぼくらをきざつづけてくカメラ
あわただしさのなかでかきされるとき
ひとのこらずおさめてくれる
つかれたかおあらうこともできぬ
ハードな日々ひびからしたいま

すべてがゆっくりまわっていくようだ
ゆっくりまわっていくようだ

てのひらにくこのはな大空流おおぞらながれてくあのくも
すべてぼくらのそばにあるさ

たとえ憂鬱ゆううつ日々ひび明日あしたくるとしても
わらおう わらつづけようぜ いまわらつづけようぜ

ゆっくりまわっていくようだ
ゆっくりまわっていくようだ・・・・・

たとえ憂鬱ゆううつ日々ひび明日あしたくるとしても
わらおう わらつづけようぜ いまわらつづけようぜ