「夏の終わり、恋の終わり」の歌詞 Safarii

2011/8/31 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
最初さいしょからきみきみ場所ばしょかえるとわかってた
なつわりこいわり つめたいかぜいた

きみごしたあの日々ひびが まるでとおむかしみたい
ゆめからめたかのように いつものせわしい日常にちじょう
二人ふたり季節照きせつてらした太陽たいよう ビルが邪魔じゃましてもうえないよ
じればてしないそら きみといたなつ あのうみがほら

出逢であった瞬間しゅんかんこいちてしまったよ
潮風しおかぜになびいたBrown long hair 日焼ひやけした素肌すはだにナチュラルメイク
高鳴たかな鼓動こどうおさえてこえをかけた
あふれる気持きもちもうめられない ずっとここにいられないのに

最後さいごまできみえなかった「このままそばにいて」
このおもすなけば なみしてくれるでしょうか
最初さいしょからきみきみ場所ばしょかえるとわかってた
なつわりこいわり つめたいかぜいた

ひとあふれるビーチをきみおしえてくれたシークレットビーチ
だれもいない二人ふたりのSummer time わらない そうおもいたいよ
しず夕日ゆうひ くれる勇気ゆうき つめるひとみ 砂混すなまじりのKiss
そのやわらかなくちびる太陽たいよう潮風しおかぜあじがした

見上みあげた そら花火はなび
今度こんど浴衣ゆかたたいね」ってったきみ表情ひょうじょせつなくて
どっちがながいかくらべた線香花火せんこうはなび
えないようにとねがめた でもよるけた

最後さいごまできみえなかった「このままそばにいて」
このおもすなけば なみしてくれるでしょうか
最初さいしょからきみきみ場所ばしょかえるとわかってた
なつわりこいわり つめたいかぜいた

とおはなれたいまも まだおもなんかに出来できないんだ
まぶしいくらいキレイなきみは きっと真夏まなつせたまぼろし

最後さいごまできみえなかった こんなにきなのに
このおもすなけば なみしてくれるでしょうか
最初さいしょからきみきみ場所ばしょかえるとわかってた
季節きせつ何度変なんどかわっても このなつわすれないよ