「カナタ」の歌詞 Salyu

2015/4/22 リリース
作詞
小林武史
作曲
小林武史
文字サイズ
よみがな
hidden
そらなかで ぽっかりあいた
かげのよう あなのような
そこからのぞいた いつかのきみ季節きせつから サイン

そとあめなのか なかってる?
それもわからないまま
ふくらむくもがつれてくる

カナタ きみってるんだ
高気圧こうきあつ ていた
かなしみのほねにそうように
ぼくゆびでなぞっていた きみえがいていた
そこでひびいていた いつかのメロディー

いまはけない うたがあって
いつかそれを うたえる
そんな世界せかいつうじている
カギとあなゆめ

あななかでゆれる 誘導灯ゆうどうとう
それがしめすこうがわ
こちらがわさかいい?

カナタ それはどこにあるんだ
とおくのようでもあった
だけどいまここで ひびきあえる
カナタ ぼくのかなたから きみのかなたまでも
わすれないでいた 約束やくそくゆめ

ぼくらいつかうたえるよ ここからはじめるよ
かなしみのほねにそうように
カナタ きみってるんだ
きみえがいていた
そこでひびいていた メロディー
カナタ ぼくはあいにゆく
もしきみにあえたら
なにもかもわってしまえる ?
できるかな できるだろう