「最後の夜明け」の歌詞 Skoop On Somebody

2004/6/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
やみはじめて ほしそらかえころ
埠頭ふとうせる波音なみおとに ためいきかさねて

すこまど けたら せつないなつにおいがした
サイドシートのきみが うつむいたまま つぶやいた

「これで最後さいごかもしれないね…」ってきみこえふるわせながら
ぼくきみすこ唇噛くちびるかみしめてた
どうして どうして…

はなれてらしても おもいはつたえると
えたわかさをやんだら すべてがうそになる

あのころより ずっと 綺麗きれいになった その横顔よこがお
ぼく記憶きおくなか永遠えいえんになる現在いまのまま

「きっとだれのせいでもないよ…」ってきみこわれそうな笑顔えがお
いつも うしなってからづくのは 一番大切いちばんたいせつなもの
もう一度いちど もう一度いちど

なにもかも りに いかけたゆめ
それぞれの イタミに そむけて
こんなかなしい 夜明よあけがると ぼくたちはづかないで

「これで最後さいごかもしれないね…」ってきみこえふるわせながら
ぼくきみすこ唇噛くちびるかみしめていた
「きっとだれのせいでもないよ…」ってきみこわれそうな笑顔えがお
せめて 朝焼あさやけがわるまで しあわせをねがえるまで
このまま…