「Amanogawa」の歌詞 Skoop On Somebody

2015/3/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
防波堤ぼうはていでねそべったら
夜空よぞらちそうになった
つないだをポケットで
おもわずギュッとにぎりしめた

来年らいねん今頃いまごろには
ぼくらはどうしているのだろう
ながぼしをまたひとつ
つけても かなわない

ねがいは... 星屑ほしくずになりあのかわ
ながれてゆく ながされてゆく 永遠えいえん

七月しちがつ夜空よぞらきみまれる
まばたきもしないで とおくをつめたまま
もう二度にどとあえないなら いっそ自由じゆうなのかな
どうしようもない でも ぼくきみつでしょう

ジュウタイの道路どうろけて
地図ちずでぬけみちをさがして
迷路めいろまちじゃ二人ふたり
こんなにも色褪いろあせてゆくね

それぞれの場所ばしょもど
苦手にがて生活せいかつにうもれる
寝過ねすごした夕焼ゆうやけが
ただやけに せつなくて

ぼくから... 電話でんわをしない約束やくそく
まもられずに まもれるはずもないくせに

もう一度いちどだけでいい もっと自由じゆうなはずさ
ぼくたちはだれかのこころをキズつけても
どうしようもないよね どうしようもないんだよね
のみこんだ言葉ことばいきにもならない

ぼくらは星屑ほしくずになり あのかわ
ながれてゆく ながされてゆく 永遠えいえん

七月しちがつ夜空よぞらきみまれる
カラダだけのこして とおくをつめたまま
どうしようもないほど ぼくきみきで
どうしようもないのに ぼくきみつでしょう