「花火まであとすこし」の歌詞 Snow

2007/1/24 リリース
作詞
山野英明
作曲
進藤安三津
文字サイズ
よみがな
hidden
どこかにぼくらの場所ばしょがあるなら…
つぎ言葉ことばをいつかきかせて

あいたい
こんなにあいたくて あいたくって
あふれる
夕日ゆうひはまだまぶしい

花火はなびまであとすこし
夜空よぞらとおかがや
きみくるしめるいたみが
一瞬いっしゅんだけでもいい
せたらいい
そうおもうの

明日あすしかえない 明日あすにしかけない
だから二人ふたりかえれなくなる

どこかにぼくらの場所ばしょがあるなら…
つぎ言葉ことばわたしらない

びたい
それでもびたくて びたくって
べない
このままじゃべない

夏草なつくされるの
夜空よぞらひかり ころ
きみとどかないおもいが
いっそゆめならいい
ゆめでもいい
そうおもうの

夜空よぞらっている
花火はなびってヒコーキからどんなふうにえるんだろ…

花火はなびまであとすこし
夜空よぞらとおかがや
きみくるしめるいたみが
一瞬いっしゅんだけでもいい
せたらいい
そうおもうの

あとすこし あとすこし
あとすこし あとすこし
花火はなびまであとすこし
あとすこしなの
べないままでいい
べないきみがいい
べないわたし
花火見上はなびみあげよう

あとすこし あとすこし
あとすこし あとすこし
花火はなびまであとすこし
あとすこしなの

べないままでいい
べないきみがいい
べないわたし
花火見上はなびみあげよう