「あいのうた」の歌詞 Something ELse

1999/7/28 リリース
作詞
今井千尋
作曲
今井千尋
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくこころおく
ちいさなスイッチがあって
きみはじめて出会であったとき
なにかがうごはじめた
そんながした
きゅうしたあめなか
はしったえきまでのみち
びしょぬれのまま
きしめた
みじかすぎるなつ
こんなにきになるなんて
おもわなかったよ
このうたはまよいもなく
きみうたう あいのうた
このおもいがぐに
きみとどけばいい
なにわずをぎゅっと
にぎかえした あいのうた
この奇跡きせきがずっと
つづいていくように

たしかなものなど
何一なにひとつないと
もうあきらめかけてた
けてゆくそらながら
きみにそっとつぶやく
「こんなにきに
なるなんて
おもわなかった」と
このうたはまぎれもなく
きみつたえたい あいのうた
もしもぼくにそのすべ
あずけてくれるなら
ほかだれよりもぼく
きみことっていたい
大切たいせつなもの
ずっとまもれるように

なが階段かいだん途中とちゅう
きみんだとき
かえった
あの笑顔えがおわすれない
このうたはあきれるくらい
きみうたう あいのうた
このおもいがぐに
きみとどけばいい
いつまでもこのむね
かえしてく あいのうた
この気持きもちが
ずっとつづいてくように