「冬の香り」の歌詞 Sotte Bosse

2008/11/5 リリース
作詞
平塚友次郎
作曲
ナカムラヒロシ,本澤尚之
文字サイズ
よみがな
hidden
吾木香われもこうはな
れてるほそ坂道さかみち
まれるほどに
んだそらにじむのはなぜ

千切ちぎれてく明日あした
つくろうだけのきずな
きみつかれて
かえらない とりになった

ふたりがちわびていた
ふゆかおりが ただつめたい

をつないだ
ふたつのかげ
無口むくちなままでまたった

をつむって
あとどれくらい
きみとのキスを きみとの約束やくそく
わすれられたなら
おもになるの?

とおくなる背中せなか
みかけのほんかくした
はしるバスをめて
まだきだと
えたらよかった

きみむねいでいた
ふゆかおりが まだえない

をつないで
あるいた日々ひび
いろくしたままかぜ

いきをとめて
あとどれくらい
きみとのあさきみたすべてを
わすれられたなら
おもになるの?

いまおぼえている
ふたり出逢であったあの

をつないだ
ふたつのかげ
無口なくちなままでまたった

さよならをあとどれくらい
かえしたなら きみかさねたなら
すべてわすれたなら
おもになるの?