1. ふたば歌詞

「ふたば」の歌詞 Soul Camp

2008/3/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくだれかえることはなく だれめてくれるものもいなく
かげもとめてひとまれられ散々さんざんもある
やさしい日差ひざしの午後ごごには ひとりそら両手りょうてをかざした
おおきなしたでほんのわずかな木漏こもって

このぼくにはひかりはさずに ずっととおくで
あこがいだいたはなたちがかぜれる
ぼくはゆっくりばすよ 時来ときくるまで
精一杯葉せいいっぱいはひろげて 何度なんどでもがって ひかりかって

ぐに ぐに ぼくらはゆっくりびてく
それぞれに それぞれに かたちちがうけれど
おなかぜかれながら 空見上そらみあねがう いつも
ぐに ぐに ぼくらはをはりきてく
まれても まれても 光差ひかりさほう
どんなもあきらめず きらめくだまりをおも
木陰こかげぼくつよきるだろう ひかりをびるそのまで

そうつら日々ひびでもいつでも“つち”はぼく味方みかたになって
もう無理むりだよなんて弱音吐よわねはくとしたで『頑張がんばんなよ!』って
このちっぽけなぼくでもちゃんとあいされてんだ
これからはなんいなんてわないまわりとちがったって

そうさぼく一人ひとりじゃない となり木陰こかげ
おなじようにひかりかう 仲間なかま
今日きょうもゆっくりばそう 時来ときくるまで
精一杯葉せいいっぱいはひろげて 何度なんどでもがって ぼくぼくらしく

ぐに ぐに ぼくらはゆっくりびてく
それぞれに それぞれに かたちちがうけれど
おなかぜかれながら 空見上そらみあねがう いつも
ぐに ぐに ぼくらはをはりきてく
まれても まれても 光差ひかりさほう
どんなもあきらめず きらめくだまりをおも
木陰こかげぼくつよきるだろう ひかりを目指めざしそのひろげて

ぐに ぐに ふたばはゆっくりびてく
それぞれに それぞれに かたちちがうけれど
おなかぜかれながら 空見上そらみあねがう いつも
ぐに ぐに ぼくらはをはりきてく
まれても まれても 光差ひかりさほう
どんなもあきらめず きらめくだまりをおも
木陰こかげぼくつよきるだろう 明日あしたつよきるだろう
あきらめないよ ひろげ そのひかりがらすあたたかい場所ばしょ