1. この狭い鳥籠の中で歌詞

「この狭い鳥籠の中で」の歌詞 Sound Horizon

2010/6/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
四角しかくられたそら おさなわたし世界せかい
窓辺まどべったきみ月光げっこうのように やさしくわらった……

Marz von Ludowing←→Elisabeth von Wettin
運命うんめいむすばれることのない二人ふたりを、
無慈悲むじひなそのわせてしまった……。

つめたいつちしためられたはずの
歴史れきしやみなかほうむられたはずの
かげ存在そんざい

友達ともだちしかったけど それがどんなものらなかったよ……

無明むみょうときてに あばかれるままの
葦毛あしげうまなに らされるままの
よわ存在そんざい

鳥籠とりかごなかにいること それがどんなことらなかったよ
きみうまでは さびしさのいろいとしさの意味いみらなかったよ

きみは__
嗚呼ああ わたしだけのウイング そとひろがる世界せかい
嗚呼ああ やさしいきみウインク おしえてくれた

鬱蒼うっそうしげよるもり 足下あしもと綺麗きれいはな頭上ずじょう星屑散ほしくずちりばめて
二人ふたりわらった……

どんな幸福しあわせ出逢であいにも 別離わかれがある
そして それは突然訪とつぜんおとずれる 斜陽しゃよう接吻くちづけ

「せめてわたしわりに、この一緒いっしょれていってね」

無情むじょうながれるときがもたらしたものは
嗚呼ああ きみない灰色はいいろ季節きせつただ のぞみもしない婚礼こんれい

現在いま 水面みなもれる面影おもかげ すりける過去かこ幻橙ひかり

衝動イドれるまで 情欲イドたたえるけど
自我エゴっている <<彼以外かれいがいもうあいせない>> と

せま鳥籠とりかごなか きみくした この世界せかい
ちるそのときまで 月光げっこうのように ばたいてみせよう……

よわもの拒絶きょぜつされ、世界せかいからしいたげられた者同士ものどうしが、
きずっただけのおさなこいだと、キミはわらうだろうか?」

やがてはしりだす → よる復讐劇ふくしゅうげき → 【第七だいなな地平線ちへいせん】 → 物語ものがたりつづく……