「エルの天秤」の歌詞 Sound Horizon

2005/4/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
――悪魔あくま
たましいわたすかのように かねになることならなんでもやった
うべきは手段しゅだんではい そのおとこにとって目的もくてきこそがすべ
切実せつじつ現実げんじつ かれにはかね必要ひつようだった...

かたむつづけてゆく天秤てんびん その左皿ひだりざらしずまえ
ちからづくでもがらせるだけのかね右皿みぎざらには必要ひつようだった...
そして...そのよる天秤てんびん仮面かめんおどらせる……

やみまとうように よる静寂しじまさぐつめって
夢想的ロマンティック月灯つきあかりに そっと唇重くちびるかさいきひそめた...

あわただしくとおぎる 手達てたちごし って
戯曲的ドラマティック逃避行とうひこうったふたつの人生いのち あいささげた...

身分違みぶんちがいのこい ゆるされないとっても かれった
嗜虐的サディスティック貴族主義きぞくしゅぎっており嗚呼ああそれは悲劇ひげき...

運命うんめい遊戯盤ボードうえ支配力しはいりょくもとめて せいうばった
徹底的ドラスティック追悼劇ついとうげきわらことこそ人生じんせい 嗚呼ああむしろ喜劇きげき...

楽園らくえんへの旅路たびじ 自由じゆうへの船出ふなで 逃走とうそうてに辿たどりついた岸辺きしべ
船頭せんどうふんしたおとこゆびらすと 黒衣こくいかげふねかこんだ……

むすめさえ無事ぶじもどるならばそれでい、使用人おとこほうなどばらしてもかまわんわ」
一度いちどわせずに伯爵はくしゃくはそうった... 金貨コインまったふくろ机叩テーブルたたいた...

いつも人間ひとなにらないほう幸福しあわせだろうに
けれど他人ひともとめるかぎすべてをりたがる
――何故破滅なぜはめつへとあゆみだす?

はなやかな婚礼こんれい しあわせな花嫁はなよめ 運命うんめい女神めがみはどんな脚本シナリオこのむのか...
虚飾きょしょく婚礼こんれい えた花嫁はなよめ 破滅はめつ女神めがみはどんなほころびも見逃みのがさない...

嗚呼ああ...えるように背中せなかあつい そのおとこばしたさきにはなにかがさっていた
嗚呼ああ...あかまったつめながら 仮面かめんおとこゆるやかにくずちてゆく...

嗚呼ああ...その背後はいごにはむすめっていた すさまじい形相ぎょうそうせたおとこ凝視ぎょうししていた
嗚呼ああ...一歩後いっぽあとずさりなにさけびながら ふかまりゆくやみ彼方かなたはしってゆく...

――徐々じょじょうすれゆく意識いしき水底みなぞこ錆付さびついたかぎつかもうと足掻あがつづける
とびらまえにある いそがなければ もうすぐ もうすぐ約束やくそくしたむすめの―