1. 光と闇の童話歌詞

「光と闇の童話」の歌詞 Sound Horizon

2010/6/16 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
見上みあげればまる夜空よぞら らめくあお月夜つきよ
かみのろいながら 奈落ならくそこうたう……

めしいたやみかれひかりだとおもっていたのは あやまりで
そのぬくもりのあいだと のちった

はじめての友達ともだちあお可愛かわい女の子アイン・メートヒェンわかれさ
そのせつなさのこいだと ついらず

はなみずるように まま つみにはばつ嗚呼ああ
やがて <<迎賓グーテン・アーベント>> しる <<第七の物語ズィーベン・メルヒェン>>
摂理かみけて__

見下みおろせばくら大地だいち らめくあか焔尾ほのお
ははかれながら 奈落ならくそこちる……

<何故なぜ コノむらニハ いま だれモイナイノ?) (__れは むかし みな んじゃったからさ>
<ジャ...何故なぜ むかし 村人むらびと みんな ンジャッタノ?) (__れは くろやまい のせいさ>
<ジャ...何故なぜ ソノもりむら母子ははこハイタノ?) (__れは の【イド】が んだからさ>
<ジャ...何故なぜ 【イド】ハ なんためひとブノ?) (__れこそが やつ本能ほんのうだからさ>

嗚呼ああ 墓穴はかあな っても っても っても 必死ひっしっても キリがない 「悲惨ひさん時代じだいさ」
嗚呼ああ 死体したい土塊つちくれ 死体したい土塊つちくれ 死体したい土塊つちくれ 多層菓子ミルフィーユ無残むざん事態じたいさ」

生命せいめい目的もくてきは<<キルこと>>と<<エルこと>>

ころセ」と「おかセ」と 【イド】はうた

【仄昏き宵闇の森】

夜露よつゆれた 苔藻こけもらす 少年しょうねん
その足取あしどりは かなしいほどかる少年しょうねん

めたこえ下卑げびひびきで されどかれはまだらない
嗚呼ああ 世界せかい作為さくいなど 世間せけん悪意あくいなど なにひとつれぬままそだったから

友達ともだちいたまま → まねかざるきゃくれ → やさしいははもとへと → そして...

見渡みわたせば__

とりはねるように まま よるにはうた嗚呼ああ
いずれ <<迎暁グーテン・モルゲン>> まる <<薔薇の庭園オゥゼン・ゴルデン>>
摂理かみけて__

「キミが今笑いまわらっている、まばゆ時代じだいに。
だれうらまず、せることをうらまず、かなら其処そこおう」
~『ひかりやみ童話メルヒェン