「天使の彫像」の歌詞 Sound Horizon

2006/11/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
のちに【かみもの】――
しょうされる彫刻家ちょうこくかAugusteオーギスト Laurantローレン
戦乱せんらん最中さいちゅううしなわれ 平和へいわとも姿すがたあらわしたとされる
いま神秘しんぴ薄布ベールつつまれた彫像ちょうぞう かれ稀代きだい傑作けっさく
天使アンジュ』にめられし られざる《物語ロマン》……

物言ものいわぬつめたいいし生命いのちともせるなど
俗人達ぞくじんたちうたうのは ただおごりにぎぬ
もの唯在ただあようりょうめて
ぬくもりに接吻くちづけるように おもいをかたどるだけ……」

風車小屋ムーランルラそらいて まわつづけるおかうえ
工房アトリエこばむように しずかにたたずかげ...

かれ唯独ただひとりでえがいた 表情かおらずに……

0501いのは小手先こてさき素描力デッサンでは0501い――現実げんじつをもえる想像力イマジナシオン
嗚呼ああ...ひかりを...嗚呼ああ...もっとひかりを...『即ち創造プレナシオン』...うれいのひかりを……」

生涯逢しょうがいあわぬとちか0501がら あしげくかよ修道院モナステル
子供達こどもたちわらごえ 壁越かべごしにいている...
きみ今掴いまつかんでいるであろう その《宝石いし》はとてもこわやす
そのはなしては0501らない たとなにおそおうとも……」

かれ日々独ひびひとりでえがいた 笑顔かおらずに……

必要0501ひつようなのはぎし後悔こうかいでは0501い――幻想げんそうをもつむ愛情あいじょう
嗚呼ああ...ひかりを...嗚呼ああ...もっとひかりを...『すなわ贖罪しょくざい』...すくいのひかりを……」

如何0501いかな賢者けんじゃ であれ こぼれるすなめられ0501
かれ用意よういされた銀色ぎんいろ砂時計すなどけい のこされたすなはあとわずか……

母親ははおやうばって このともったちい0501ほのお
そのかがやきをにくんでしまった おろ0501男なおとこ最期さいご悪足掻わるあがき...

想像そうぞうつばさひろがり やがて『彫像ちょうぞう』のつばさひろげた――
嗚呼ああ...もうおものこすことは0501い やっとわらってくれたね……」