1. 星屑の革紐歌詞

「星屑の革紐」の歌詞 Sound Horizon

2006/11/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こん0502ちわサリュはじめましてアシアペ!」
したを――
嗚呼ああ...可愛い私のお姫様エトワール ちいさなゆび懸命0502握けんめいににぎかえしてくる
あなたのあゆ道程みちのりかがやくよう0502エトワール』と……

あるあめあさ...いつものよう0502少女にしょうじょますと...
寝具ベッド横0502よこにやさしい父親ちちおや...そしておおきなくろいぬた...
あめにおい...くすぐったいほほ...どこかなつかしいぬくもり...
ちいさなあねおおきないもうと...二人ふたり一匹いっぴき...家族かぞくとなった特別とくべつあさ……

嗚呼ああ...わたしほしらない 遠過とおすぎるひかりとどかないから...
嗚呼ああ...わずかな視力しりょくでさえも いずうしなうとげられている...

ごめんなさい...お母さん...この名前...
どうしても好き0502なんてなれないよ...
嗚呼ああ...ごめんなさい……

勇気ゆうきして――
嗚呼ああ...Pleutプルー屋外そとたけど ある速度そくど抑違そもそもちがうから...
嗚呼ああ...暗闇0502沈くらやみにしず世界せかいでは ちょっとした段差だんさでもころんでしまう...

ごめんなさい...父さん...この両眼...
どうしても好き0502なんてなれないよ...
嗚呼ああ...ごめんなさい……

ほそ革紐はねじゃ――
こころまではつなげないよ...愛犬プルー傍0502そばにいたけど...わたし孤独ひとりだった……

別々0502育べつべつにそだったものが...わかうのはむずかしい...
ましてやひといぬあいだであれば...尚更なおさらことである...
それからの二人ふたりは...なにをする0502何時いつ一緒いっしょだった...
まるで...空白くうはく時間ときめようとするかのよう0502...

あね甲斐甲斐かいがいしくいもうと世話せわき...いもうとあねたすけよくしたがった...
ちち不自由ふじゆううでわり0502なろうと...何事なにごと懸命0502けんめいに...
れは...雨水あまみず大地0502染だいちにしむよう0502しなやか0502...
根雪ねゆきしたはるつよう0502...ちいさなはなかせるよう0502...

急0502吹きゅうにふいた突風0502手ラバルにてられ...革紐はねはなしたけど...
もうなにこわくなかった...『見えない絆ほしくずのあな』でつながっていたから...

よわあねだ――
それでも嗚呼ああ...ありがとうね...プルー傍0502そばにいたから...
わたし何処どこへだってけた……
大好だいすきだよ...プルー傍0502そばにいたから...わたしつよくなれた……

星空0502抱ほしぞらにだかれてゆめた...あなたがまれてきたあさ追憶ゆめを...
銀色0502輝ぎんいろにかがやゆめなか...こぼれたすなもど幻想ゆめを...
嗚呼ああ...なん為0502遣ためにやってたのか...最期0502判さいごにわかってかった――

わすれないよ...きみあるいた...暗闇0502煌くらやみにきらめく世界せかいを...
いつだって...嗚呼ああ...人生せい星屑ほしくずの...かがやきの中0502在なかにあることを……

いのりのほしそそよる黒犬プルーしず0502息にいきった...
いたみのあめそそあさつめたくなった彼女かのじょはらからされたのは
ひかりいだいたちいさなぬくもり → 黒銀こくぎん毛並けなみを仔犬こいぬだった →

――そして《物語ロマン》のつばさ地平線ちへいせん軽々かるがるえるだろう
やがてなつかしくも うつくしき あの《荒野こうや》をめぐ為0502ために……