1. 檻の中の花歌詞

「檻の中の花」の歌詞 Sound Horizon

2004/10/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
殺戮さつりく舞台女優ぶたいじょゆうMicheleミシェル Malebrancheマールブランシェ
その生涯には、あまりにも奇怪な謎が多い。
彼女かのじょ犯罪史はんざいし表舞台おもてぶたい登場とうじょうすること三度みたびわたり、
そのいずれもが狂気に満ちた幻想の戯曲として知られている。

(初舞台「パパの幸せを描いてあげる…」en 21 novermbre 1887)

実父じっぷJosephジョセフ Malebrancheマールブランシェ』の凄惨せいさん変死事件へんしじけん

証拠不十分及しょうこふじゅうぶんおよび、年齢ねんれいたいする
殺害遂行能力さつがいすいこうのうりょく疑問ぎもんこえがる。
現実げんじつ幻想げんそう境界きょうかい認識出来にんしきできていない
たぐいの言動げんどうかえし、
行動こうどうにも尋常じんじょうならざるてん多々見受たたみうけられた…。

(識られざる幕間劇)

鮮朱から冷蒼へうつわる 舞台ぶたいうえ女優アクトリス
街角まちかど影手招シルエットてまねくのは テネーブルまとった貴婦人ダームノーブル

素早すばや首筋くびすじあつ接吻ベゼ

少年ギャルソン液体サン仄甘ほのあま血赤色ルージュ陶酔感ゆめつむ
永遠とわニュイとらわれた フルールつづける…

(二度目の舞台「もう一度この手で彼女を…」en 30 juillet 1895)

養父ようふArmandアルマン Ollivierオリビエ』のによる絞殺こうさつ死体遺棄未遂事件したいいきみすいじけん
深夜しんや半狂乱はんきょうらんわらいながらにわあなっているところを、
近隣住民きんりんじゅうみん通報つうほうによってけつけた警察官けいさつかん逮捕たいほ
その、『Ollivierオリビエ』は獄中ごくちゅうにて完全かんぜん発狂はっきょうした…。

(識られざる幕間劇)

鮮朱から冷蒼へうつわる 舞台ぶたいうえ女優アクトリス
街角まちかど影佇シルエットたたずむのは テネーブルまとった令嬢マドモワゼル

はげしくあいして 花弁レペタルちるまで

ミシェルかんあまくみないで 貴方ムシューあいしてるのは
しなやかな若い肢体ジュネスコープ それは...『モワ』じゃない…

(三度目の舞台「少年の液体は仄甘く」en 4 fevrier 1903)

Micheleミシェル Malebrancheマールブランシェ』による青少年連続拉致殺害事件せいしょうねんれんぞくらちさつがいじけん
Rouenルーアン郊外こうがい廃屋はいおくにて多数たすう腐乱死体ふらんしたい発見はっけんされる。
当時行方不明とうじゆくえふめいとなっていた13人じゅうさんにん少年達しょうねんたちは、わりてた姿すがた
干乾ひからびたような老婆ろうばMicheleミシェル』の遺体いたいかさなっていた…。

(自称...天才犯罪心理学者
『M.Christophe Jean-Jacques Saint-Laurent』曰く)

彼女かのじょがどんな魔法まほう駆使くししたのか、
それはわたしおよところではないのだが、
殺害動機さつがいどうきという観点かんてんでのみろんじるならば、
こたえは明白めいはくであるとわざるをない」

彼女かのじょは、みずからをめるせまおりなかから
したかったのでしょうな…
それもきわめて偏執的へんしつてきなまでに。
...しかし、残念ざんねんながら
その願望がんぼう生涯叶しょうがいかなうことはかった。
...そして、死語1世紀しごいっせいき経過けいかしたいまでも、
彼女かのじょはそのおりなかにいる…」

「…何故なぜそんなことが断言出来だんげんできるのか?...質問しつもんだ。
よろしい、誤解ごかいまねくことを承知しょうちで、
この『Christopheクリストフ Jeanジャン-Jacquesジャック Saintサン-Laurentローラン
あえてここで公言こうげんしておこう。
我々われわれもまた、彼女かのじょおなおりなかにいるからだと…」

(『Michele Malebranche』の手記に遺されていた詩の断片)

カージュなかみだてるまえ
アムールくしたこの世界せかいに… ささぐ...お別れの挨拶オルボワール

~連作幻想戯曲『檻の中の花』(著)Noel Malebranche