1. 死と嘆きの風の都-Ιλιον-歌詞

「死と嘆きの風の都-Ιλιον-」の歌詞 Sound Horizon

2015/2/1 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いそいで,貴方達あなたたち風神殿あねもん神官様しんかんさまがおちよ?」
「んもぅ,新入しんいりィ。グズグズしてると、
アタイの鉄拳てっけんくよォ?」」
「んふふ」「ごめんなさい」

女蛮族あまぞんのような腕力わんりょくはないけれど
げいのないただ売女ぽるねとはちがうわ

嗚呼ああ...花代どらくま真心まごころえにうるわしのゆめる...

敬愛する詩人そふぃあのような教養きょうようはないけれど
がくのないただ街娼でみえとはちがうわ

嗚呼ああ...元々もともとかなしき奴隷どれいとはいえ
いまほこ薔薇ばら【高級遊女】へったいら

はなひら風薫かぜかおはるひさ以外いがい
身寄みよりなきむすめにはなにもないけれど
あわれみならばらないわ...馬鹿ばかにしないで...
アナタのれはあいじゃない!

「っと、いたわねぇ」
「ぅわぁーぉ」
「ここが風の都いーりおん

【風の都
「おまえらーささとはこべ」
「サボるんじゃない!」」
貴様きさまらはここで、ぬまでこの城壁じょうへき
つくつづけるんだ」
「さぁ、はこべ!やすむんじゃない!」」
「さっさとはこばんかい コラァ!エェイ!!」

壁石いしはこもの かわいたおとたれ
医師いしさけもの してむなしく

奴隷どれいたちおおくは背後はいごくろかげまとっていた...

遺志いしげるもの 奴隷どれい数多あまた
縊死いしげるもの 冥府めいふへの逃避行とうひこう

そのかげほかものにはえていないようだったが
少年しょうねん何時いつからかその存在そんざい気付きづいていた...そして――
そのかげまといしものはそうとおくないない確実かくじつんでいったのである……

あいいつくしみだけに かれそだった少年しょうねん
いかりとにくしみだけを いていましの

いっそんだらラクだなんて きっといまよりマシだなんて
った譫言うわごとかえして った希望きぼうすがった

そんないぬのように 運命みららされはしない
たとえ奴隷どれいいぬであれ くべききばわすれない

オオカミははしまえ満月まんげつえる

「どこがイイんだい?ってごらん?」
息仔ねくろす…モットせいにくムガィィ…
ィズレソノがモノトナル…」

「くそぅ、いてぇ…あの変態神官へんたいしんかんいつか、ころしてやる」
「よぉ、ブサイクちゃん!ひでぇツラだなぁ」
「フン、ひとのことえたツラかよ…」
「フ、フフッ、ちげぇねぇ!」「ハハハ」

ひとだれもが すべき運命さだめ背負せお
まま...いて(かれて) さびしさをあいめる

されど彼等かれらおおくは すべき運命さだめのろ
まま...うばい(うばわれ) むなしさでむねたす

少女しょうじょほおつたわる きよらかなしずく
赤黒あかぐろ舌先したさきすくいかけた刹那せつな

つないだ ける風の都いーりおん
そそ星屑ほしくず 夕闇よいやみ風の都いーりおん
なげきと城壁しろ そび風の都いーりおん
かえ背後はいご遠離とおざか風の都いーりおん

神域しんいきけがしたもの風神ふうじんけっしてゆるさない
そのいかりは あめ女神めがみまじわり むすめむだろう……