1. 磔刑の聖女歌詞

「磔刑の聖女」の歌詞 Sound Horizon

2010/12/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
鈍色にびいろ足取あしど決意けついすすめる
背中せなかかぜかんじて 一度いちどだけかえ

宵闇よいやみにおいは 不思議ふしぎなつかしく
背中せなかしてくれる そう そんなさえしたわ

せる かなしみに ひとふるえて ゆびでなぞる はるとお約束やくそく
がる にくしみの もろいびつときてに やみつめ接吻くちづけ
(嗚呼ああ うつろなまま うつろうまま いびつ嗚呼ああ つみあつ接吻くちづけ)

いま でも わすれ られない……
(いま なお おもいだせない……)

あいいつわってきるくらいなら
真実しんじつともすこともいとわないわ

二人ふたりつけたばらが
きみつつむことをねがって墓標ぼひょうまわりにえたけど
結局けっきょく ついついまでことはなかったね……

月光げっこうこいをした鳥籠とりかごしろとりは、
ちるとりながら、最期さいごまでばたくよ。
だからこそ宵闇よいやみうたうのは、うらみのうたじゃないわ……。

ひかりくしたきみしばつめたいくさり
ひかりくした きみおも二人ふたり愛憎あいぞう

とりそら屍体したいつち摂理かみ裏切うらぎつづけた
よるけて わりのあさつぎ別離わかれこそ永遠えいえん--

でも...

後悔こうかいなどしていないわ 嗚呼ああ これが わたし人生じんせい
<<門閥貴族の令嬢フォンベッティン>> でも <<七選帝候の息女フォンザクセン>> でもないわ わたしは<<一人の女エリーザベート>>
ただ きみだけをあいした--

ただの【Elisabeth】