「見えざる腕」の歌詞 Sound Horizon

2006/11/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ねむれぬよい路地裏ろじうらみだらな牝猫シャットたりして...
嗚呼ああ...えざるそのうでくびめる...
夢幻影ファントム ド レヴこわれゆく自我エゴいたみ...

くるえぬいは屋根裏やねうらちいさな居城シャトーころまわる...
嗚呼ああ...えざるそのうでけるいたみ...
幻肢痛ファントム ド ルー安酒やすざけびてねむる...

黄昏たそがれまるふるけものもり...戦場せんじょう出逢であった二人ふたりおとこ...
金髪きんぱつ騎士ローラン...赤髪せきはつ騎士ローラン...
あらそいはめぐり...しかばねげる...
加害者かがいしゃだれで...被害者ひがいしゃだれか?
斜陽しゃようかげやいば緋黒あかぐろきらめいて――

片腕かたうでとも奪1001うばわれた彼の人生サビ
仕事しごとされ恋人こいびとていった...
なにもかもうしなった奪1001うばわれた最低さいてい人生ラビ
不意ふいおそいたみにおびえるらし……

大抵の場合ユークスファ...貴方あなたはうなされなぐるから...
わたしは...ままじゃいずんでしまう1001...
さよならオールボワール...貴方あなただれよりあいしてる...
それでも...おなか父親ペールにはれない1001……」

葡萄酒ドゥ バイン...発泡葡萄酒ドゥ シャンパーニュ...蒸留葡萄酒ド ル ドゥ ビ...
嗚呼ああ...眠りもり静寂せいじゃくき...またやつあらわれる――

うま姿すがた...まさ悪夢あくむ ...あかかみみだして...ふる死神しにがみかま...
くび姿すがた...まさ風車ふうしゃ ...あかはなみだれて...ふる精神せいしんはり...
やみかるるくまとった――

ゆめからめた現実げんじつれでもなお悪夢ゆめなか
ゆえに...かれ人生じんせいさけ狂気きょうき...めぐいたみのなか
ひだりほほ十字傷じゅうじきず あかえるかみ鳶色とびいろ
やつを...ころせとうでうずくのだ 『えざるうで』がうずくのだ……

だれ加害者かがいしゃで...だれ被害者ひがいしゃだ...死神しにがみさがほうむろう……

騎士シュバリエふたたうままたがり...ときもくした世界せかいうつろう――
異国いこく酒場さかばふたた出逢であった二人ふたりローラン...

隻眼せきがんにして隻腕せきわん 泥酔状態アルちゅうにして陶酔状態ヤクちゅう...
嗚呼ああ...かつての蛮勇ばんゆう かげく……

不意ふいした おとこには黒き剣エピ ノワール
周囲しゅういった液体サン まるで葡萄酒ピノ ノワール
しながら...ともされた手向たむけのはなノーム――「こんばん1001ボンソワール
きながら...ともされたうた――「さようならオー ルボワール

くずちたおとこLaurantローラン...はしったおとこLaurencinローランサン...
もう一人ひとりLaurantローランは...ただ...呆然ぼうぜんくしたまま……

だれ加害者かがいしゃで...だれ被害者ひがいしゃだ...犠牲者ぎせいしゃばかりがえてゆく...
まわるよ...まわる...にくしみの風車ふうしゃが...おどるよ...おどる...ほのおのように...
嗚呼ああ...はしらかげには...少年しょうねんかげが...鳶色とびいろなかで...つめていた……

復讐劇ふくしゅうげき舞台ぶたいろされ...おとこかんがえはじめる...
のこされたうで...のこされた人生じんせい...えざるその意味いみを――

さかずきたした葡萄酒ぶどうしゅ...その味1001あじわいがむねみた……