「運命の双子」の歌詞 -Διδυμοι- Sound Horizon

2008/9/3 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
後の世に楽園と謳われる
詩情溢れるアルカディアの山々

暮れ泥む秋の日の憧憬――
其れは...未だ世界の悪意を識らぬ幼子の戯れ...

――そして...縦糸は紡がれ...
運命の歯車は再び...静かに廻り始める……

二度にどかえらざる あわ少年しょうねん日々ひび
そらかけとり何処どこまでも べるとしんじてた

やがてかえあわ少女しょうじょ日々ひび
みずうつつき何時いつれるとしんじてた

まれたときから 一緒いっしょだった
二人ふたり何時いつ一緒いっしょだった
えず 一緒いっしょだった


やさしいちちうつくしいはは
そんな日々ひび何時いつまでも つづいてゆくとしんじてた

運命ミラあながもの運命かのじょれるもの
嗚呼ああ...運命かみあやめるもの運命さだめささげられるもの

野山のやまめぐった ながれる雲追くもおいかけて
夕暮ゆうぐれにただよにおいに 二人ふたり家路いえじきそった……

狡猾な蠍の影...

廻り始めた歯車は誰にも止められない……