「雷神の系譜」の歌詞 Sound Horizon

2004/10/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
世界せかいすくいし隻腕せきわん英雄亡えいゆうなあと
邪神じゃしん封印ふういんされしまちきず
みずからが結界けっかい役割やくわりたし
なが平和へいわへのいしずえす...

ほこたか右腕みぎうできざまれし雷の紋章あかし
者達ものたち雷神らいじんたみ
伝承でんしょうなぞ 紋章もんしょう秘密ひみつ
少年しょうねんえが軌跡きせき 雷神らいじん系譜けいふ

よわものほど徒党ととう
身代みがわりのひつじさが
あいらないおさな日々ひび
けたいしいた

ひとり唇噤くちびるつぐんだまま
ひざかかえてえていた
あめ宿やどればいづれ
あらしもまたしか

されどかがやかざる紋章しるし
本当ほんとつよさってなんだろう?
された少女しょうじょちいさな
とてもおおきくえた…

もくしたままなにかたらぬ歴史れきしひらうえ
出会であってしまった少年しょうねん少女しょうじょ物語ものがたり
十年じゅうねん歳月さいげつ一閃いっせんいかづちごと
ってしまえば刹那せつな
いま...くろ歴史れきしふたたうごそうとしている…

とお空見上そらみあげて このむねがす
かぶのは彼女かのじょあいらしい笑顔えがおだけ
かなわぬおもいと っていながら…

うるわしのきみ何故なぜ 一族いちぞくおさむすめ
部族一強ぶぞくいちつよものもと
とつぐことさだめしは えられぬたみおきて

嗚呼ああ...雷無ちからなきこのうでじゃ きみのことまもれない?
おもいならだれにもけないと
さけんでもその言葉ことば むなしくもかぜえた…

ちようとしていた おさむすめ今年ことし婚礼こんれいさだめられし齢十六よわいじゅうろく
その誕生たんじょうせま一族いちぞく猛者達もさたちきそって名乗なのりをげた
ちようとしていた 邪悪じゃあくなる波動はどう街全体まちぜんたいつつ
そらめたる暗雲あんうんは <三度目さんどめあらし>のおとずれをげようとしていた…

「おぉ...なんということじゃ くろ法衣ローブまといし者達ものたちかげえる
予言書よげんしょ使徒しと やつらを封印ふういん深奥しんおうかせてはならん
邪神じゃしん封印ふういんこうとしておるのじゃ
いまや雷神様らいじんさまうすわれらにあつかえるはちいさきいかつちのみ
あぁおそろしいや 天地てんちるがす強大きょうだいちからじゃ るぞ...あぁるぞ…」

咆哮ほうこう てん爪牙そうが 烈火れっかごとえさかる六対ろくついつばさ
暗黒あんこく宿やどしたひとみいられただけで 勇猛ゆうもうなる戦士せんし次々つぎつぎたおれていった…

嗚呼ああ...人間にんげんとはかみまえでは かくも無力むりょくなモノなのだろうか...
だれもがふか絶望ぜつぼうまれかけていたその瞬間とき
ひと際眩きわまばゆ閃光せんこう雷無ちからな青年せいねんからだつらぬいた…

覚醒めざめよ...勇敢ゆうかんなる右腕みぎうでものよ...
直系ちょっけいちからぎしものよ...
かつてわたし邪神やつ封印ふういんせしおり いかづちやりはなったが故右腕ゆえみぎうでうしなった
いまそのちから開放かいほうすれば 右腕みぎうではおろか全身ぜんしんぶやもれぬ
御主おぬしにその覚悟かくごがあるか?
…ならばいまこそ覚醒めざめよ<雷神らいじん右腕みぎうで>よ!」

「ひとりではれぬ ちからでもきっと
ふたりなら大丈夫だいじょうぶ わたししんじる!」

暗雲あんうんつらぬいかづち あの日出会ひであった少年しょうねん少女しょうじょ
いま...ふたつの紋章重しるしかさわせて かがやける未来ときつむぐ…

「…ちゃん...ねぇ...おばあちゃん...おおばちゃんったらぁ」
「どうしたの?それからおはなしどうなったの?」
「おぉ...そうだったねぇ ごめんよ」
「そのあと 雷神様らいじんさま邪神じゃしんをやっつけたんだよね?ね?」
「さて どうだったかねぇ...
むかしはなしだからもうわすれちゃったねぇ…」

...そうって微笑ほほえんだ祖母そぼは とてもやさしいいろをしていた
...そのときこといまでも印象深いんしょうぶかおぼえている
...わたししんじているのだ 雷神らいじん系譜けいふ途絶とだえていないのだと…

がれるモノ...がれざるモノ...
暗雲あんうんつらぬひかりつばさけ...その白鴉はくあばたいてく…