1. 青き伯爵の城歌詞

「青き伯爵の城」の歌詞 Sound Horizon

2010/12/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
朧気おぼろげな...記憶きおくを...辿たどって...

曖昧あいまいな...自分じぶんを...えがいた...

どんな...かおで...わらい...どんな...こえで...うたったのか...

りの...しろい...華飾衣クライトが...何故なぜ...こんなに...あかいのか...

嗚呼ああ…そうだ…わたしは…
かれに…ころされたんだっ…た……

伯爵はくしゃく何時いつからか 青髭あおひげばれていた
わたしとついだ時分じぶんには もうすでばれていた
あんなにもやさしい眼差まなざしが くらいろびたのは
いたてつにおいと においのせいかしら?

嗚呼ああ おっとわたしあいしてない 気付きづかないりしてきたけれど
もう これ以上いじょういつわれない わたしだれよりもあいしていたから

った季節きせつながよるなか貴方あなたひとみおく
かれたいたのは あいされていたのは 本当ほんとだれなのかしら?

けっしてもどせない季節きせつながやみなかきんじられた部屋へやおく
さみしさめるように むなしさやすように 不貞いろつみかさねた嗚呼ああ……

ちかいをやぶられたことはらてたからなのか、
あいしていたからなのか、いまではもうわからない。

最初さいしょつまころしたとき理性りせいともんだのか、
あたらしいつまめとってはおかし、おかしてはころした……。

どれほど しんじていのっても すくってなどくれなかった……
たと相対者あいてかみでも ただ ロットさえあれば 嗚呼ああ つらぬいてくれよう__

<<私の槍でロンギヌス>>!

かれ留守るす宝部屋たからべやまわ
けたことのない 部屋へやになっている
むすめ耳元みみもとわたしはこうささやいた--

黄金きんかぎの、きんじられた部屋へやには、
ってきの宝物たからものかくされているわ……

そう その鍵穴かぎあなれたら まわせばいい
もう すぐちゃうでしょ 私達わたしたちの【屍体したい衝動いど

嗚呼ああ おんな本当ほんとういてしいのは 肢体からだではなくこころなのよ
つみひとね でも いとしいひと

かなしみは にくしみじゃ けっしていやせないわ
宵闇よいやみうたひびくだけ
貴方あなた喜劇きげきいま わりにしよう!