「黒き女将の宿」の歌詞 Sound Horizon

2010/12/15 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ぶらん。ぶらん。風吹かぜふきゃ ぶらん。 おどるよ、くろいぶらんこ……。

おらはまずしいむらまれ いっつもはらかせてた
菓子かし出来できいえがあったら あったら本当ほんとうかんべな

ひと信仰しんこうによってのみすくわれる」と

えらぼうさんがったとさ ほんっていうのにいたとさ
神様かみさまたすけてくれるなら たらふく飯食おまんまくえっべな

父達とうたちかま出掛でかけてった
そのそらいろ かなしいほどあかく……

大砲たいほうえりゃ つばさいのに ひとそらかろやかにたか戦争せんそうとはばかりの ただ殺戮さつりく
嗚呼ああ 武器ぶき農具のうぐじゃ 残念ざんねんだけれど 射程しゃていみじぎた 残酷ざんこくほど戦争せんそうとはばかりの ただ殺戮さつりく

むらはたら結局けっきょくそのほとんどが 二度にどとはかえってなかった……

そしておらは、とおくのまちへと……

年齢不詳。性別も不詳。出遇えば不詳。正に人生の負傷。
胡散臭い女将が、夜な夜な暗躍する宿屋。
その名を【黒狐亭】という!

とうってひさしい、クソババアがひとり。
図太ずぶときてゆくには、綺麗事きれいごとばかりじゃ……ないわよっ!」

あいしたおとこは、皆儚みなはかなった。
うんわるいのか、時代じだいわるいのか……」

嗚呼ああ【Muntzer】は気高けだかく、
【Hutten】は華麗かれいで、
【Sichingen】は、嗚呼ああだれよりも--」

はげしかったわ

おい、クソババア!

「あんたのような田舎いなかっぺ、ひろってやったのは、何処どこだれかしら?
くちかたにゃ……をつけなさいっ!」

「さぁさ、旦那だんな、どうぞ。ぬる麦酒ビーア如何いかが?
自慢じまん最高グー肝臓料理レバーカッヒェン、ご用意致よういいたしま--」

宵闇よいやみした 女将おかみにら
きゃくいかり おらは平謝ひらあやま

そして小一時間後こいちじかんご...

空気読くうきよまず 出戻でもどった 女将おかみには
贖罪しょくざい新鮮しんせん食材しょくざい

そのあじいかくるったきゃく機嫌きげんなおした
そのことあじめた女将おかみ暴走ぼうそうつづく……

必死ひっしきたけど、ロクなことがねぇ。
結局けっきょく人生じんせいってなんだべ…よくかんねぇ……

とん
とん とん
とん とん とん とん
とん とん
とん とん
とん とん とん とん
とん とん とん とん

おどるよくろ

ぶ ら ん こ