「Baroque」の歌詞 Sound Horizon

2005/4/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
しゅよ、わたし人間ひとあやめました。
わたしは、この大切たいせつ女性ひとあやめました。

おもえばわたしは、おさな時分じぶんよりひど臆病おくびょう性格せいかくでした。
他人たにんというものが、わたしにはなんだかとてもおそろしくおもえたのです。

わたし認識にんしきしている世界せかいと、他人たにん認識にんしきしている世界せかい
わたしかんじている感覚かんかくと、他人たにんかんじている感覚かんかく

ちがう』ということは、わたしにとってがた恐怖きょうふでした。
それがいづれ『拒絶きょぜつ』につながるということを、無意識むいしきうちっていたからです。

たのしそうな会話かいわにさえ、くわわることはおそろしくおもえました。
わたしにはわからなかったのです、他人たにんわせるためわらかたが。

いっそ空気くうきになれたら素敵すてきなのにと、いつもくちざしていました。
そんなわたしはじめてこえけてくれたのが、彼女かのじょだったのです。

うつくしい少女ひとでした、やさしい少女ひとでした。
つきのようにやわらかな微笑ほほえみが、印象的いんしょうてき少女ひとでした。

最初さいしょこそ途惑とまどいはしましたが、わたしはすぐに彼女かのじょきになりました。
わたし彼女かのじょとのながまじわりのなかから、おおくをまなびました。

ちがう』ということは『個性こせい』であり、『他人たにん』という存在そんざいを『みとめる』ということ。
大切たいせつなのは『同一どういつであること』ではなく、おたがいを『理解りかいうこと』なのだと。

しかし、ある一点いってんにおいて、わたし彼女かのじょは『ちがぎて』いたのです。

くるおしい愛欲あいよくほのおが、くるしみをりました。
もう自分じぶんではどうすること出来できないほどわたしは『彼女かのじょあいしてしまっていた』のです。

わたし勇気ゆうきしぼり、おもいのすべてを告白こくはくしました。
しかし、わたしおもいは彼女かのじょに『拒絶きょぜつ』されてしまいました。
そのとき彼女かのじょ言葉ことばは、とてもかなしいものでした。
その決定的けっていてきな『ちがい』は、到底とうていわかえない』とりました。

そこからさき記憶きおくは、不思議ふしぎ客観的きゃっかんてきなものでした。
きながらげてゆく彼女かのじょを、わたしけていました。
もつうように石畳いしだたみころがる、《性的倒錯性歪曲バロック》の乙女達おとめたち
あいのろいながら、石段いしだんころがりちてゆきました……。

このいびつこころは、このいびつ貝殻かいがらは、
わたしあか真珠しんじゅひずんでいるのでしょうか?

だれゆるしがしくて告白こくはくしているわけではないのです。
このつみこそが、わたし彼女かのじょつなきずななのですから。
このつみだけは、かみにさえもゆるさせはしない……。

──はげしい雷鳴らいめい かびがる人影ひとかげ
いつのにか祭壇さいだんおくに『仮面かめんおとこ』がっていた──