1. Sacrifice歌詞

「Sacrifice」の歌詞 Sound Horizon

2005/4/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
無邪気むじゃき笑顔えがおあいらしいいもうと
かみあいされたから まれつき幸福しあわせだった

一人ひとりではなに出来できない可愛かわい天使てんし
だれからもあいされる 彼女かのじょねたましかった

器量きりょうわるわたしあわれみないでよ…
「――みじめなおもいにさせる、あのこなんてんじゃえばいのに...」

あくる日妹ひいもうと高熱こうねつして寝込ねこんだ
ごめんなさい神様かみさま あのねがいはうそなんです

懺悔ざんげとどいたのか やがてねつがった
けれど今度こんどははやまいふちたおれた

はは今際いまわときのこした言葉ことばは…
「――あのこ他人ひととはちがうから、お姉ちゃんあなたたすけてあげてね…」

ははくなって らしにも変化へんかおとず
きるためわたしあさゆうはたらいた

むら男達おとこたちやさしくしてくれたけど
むら女達おんなたち次第しだいつめたくなっていった

まずしいらしだったけど ぬくもりがあった…
「――かたきてた、それなりに幸福しあわせだった...」

それなのにどうして...こんな残酷ざんこく仕打しうちを...おしえて神様かみさま!
あのこさずかったしゅつかわしたもうた かみ御子みこではないのでしょうか?

――いもうと子供こども身篭みごもっていることが発覚はっかくしたよる
むら男達おとこたちたがいにかお見合みあわせくちつぐんだ
おも静寂せいじゃくいたのはみみうたがうような派手はで打音だおん
仕立屋したてや若女将わかおかみいもうとほほばしたおと

――断片的だんぺんてき記憶きおく...断罪的だんざいてき罵声ばせい...
嗚呼ああ...このひとなにわめいているんだろう? 気持きもわる
ぐらりと世界せかいわたしはじぶように若女将わかおかみつかみかかっていた…

あかまった視界しかい にがつちびのあじ 頭上ずじょう口論こうろん 神父様しんぷさま怒声どせい

――そして...いもうと最後さいごに「ありがとう」とった...

心無こころな言葉ことば 心無こころな仕打しうちが どれほどあの傷付きずつけただろう
それでもすべてを...やさしいだから...すべてをゆるすのでしょうね...

――裸足はだしむすめ こおりつくような微笑ほほえみかべ
らめくほのお そのやみこうに『仮面かめんおとこ』をていた――