1. 「口約束」歌詞

「「口約束」」の歌詞 SuG

2011/3/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
もうどれくらいあるいたのだろう きゃくのいない音楽団おんがくだん
まわりくるうメリーゴーランド あしきずり声枯こえからす
ないおとのループたちが 感覚かんかくうばっていく
出来損できそこないのきょくまれば 砂時計すなどけい命刻いのちきざ

条件満じょうけんみたすあいさきには 条件付じょうけんつきのしあわ
ふたり以上いじょうこいえらんだ ふたりには後悔こうかいうず

ぼくと世界せかいつなうたよ どうかきみとどきますように
れないあいで きっとすくしてあげるからいて
きみきずつけるすべてのもの ぼくはころ覚悟かくご出来できてんだ
えない えない いたみもほらすぐになくなるように うたうから

まもれやしない約束やくそくがほら ふたりをうそつきにした
ああもっと いたいことをしてりゃ
ぼくのあと のこってたかな?
ちかえやしない指切ゆびきりがほら ふたりを臆病おくびょうにした
ああもっと ひどいことをしてりゃ
ぼくのこと わすれなかった?

もうすこしだけ あとすこしだけ 欲張よくばりなぼくらは子供こどものまま
もとって きずつけった かすかな 未来みらいしんじないから
ませるってったね、針千本はりせんぼん ぼくまないから、専門せんもん
だってそれよりつら気持きもちをこれ以上いじょうないくらい、かんじてるもん。

さよならいつか、もういちどいつか、また出会であえるのならわらいあって
つたなはかなかないはしない夢物語ゆめものがたりさけ
きみしあわせをねがほど はいたしてくあい藻屑もくず
つのつのおもいはやがて 此処ここにただそそぐ、すなとなる。

だけどぼくうたうたきみため うたうた
むねおくのこった ふたりのうそが、宝物たからものなんだ。

すきのしるしのきすのはずだろう ふたりかさねた、口約束くちづけ