「十月雨」の歌詞 Suara

2006/1/25 リリース
作詞
未海
作曲
松岡純也
文字サイズ
よみがな
hidden
まるでゆめの はじまりのよう
あい言葉ことば いたまま

やさしいふりで 見送みおくったのは
いたみそっとかくしてたから

窓辺まどべつづ季節きせつわりのあめ
あなたはきだった こんなよるさえ

いとしいのなら ゆるしあうなら
きしめたなら わかったのに
ひびく雨音あまおと かきして
つの しろいあの夜明よあけを

そっとれた 左胸ひだりむねには
ふかうみうたがあり

いつも いつも まもられていた
そんな日々ひびも あったはずでしょう

きずつけあうよりも このはなしましょう」
あの らなかった こんなおもいは

くりかえすなら めぐりうなら
あるせたら よかったのに
それでもあさるんだろう
ひとり 夜明よあけをっている

いとしいのなら ゆるしあうなら
きしめたなら わかったのに
ひびく雨音あまおと かきして
つの しろいあの夜明よあけを