「Wildflower」の歌詞 Superfly

2011/6/15 リリース
作詞
越智志帆
作曲
多保孝一
文字サイズ
よみがな
hidden
てまでつづ坂道さかみちのぼ途中とちゅう
アスファルトらす陽炎かげろう ゆらゆら

不気味ぶきみ太陽たいよう 容赦ようしゃないつよさで 今日きょうらしてる
れないように たおれぬように ふるたせる

おさなきころは わけもなくまっすぐあるいて
いつからかそれなりの理由りゆう つけた

運命うんめいだろうか? ゆめ使命しめいか? わからないまま
時折懸命ときおりけんめいなやみながら
ってく あたし

ほこれ ワイルドフラワー 荒野こうやのどなか
っていく毎日まいにちきる
どこまでも さがしてる 一粒ひとつぶなみだ
しずかに ふか呼吸こきゅうをして
また ある

つきとおあめ かわいてたのどうるお
静寂せいじゃく心委こころゆだねて ねむろう

苛立いらだ感情かんじょうよるしずめて ってしまおう
くもらぬように しんじながら
あさってる

ほこれ ワイルドフラワー にじんだそらした
こごえたこころきしめてちか
たくましく ひたむきな わたしまれわる
しずかに ふか呼吸こきゅうをして
また ある

おな涙流なみだながすのなら よろこびのなみだ
大地だいちつたい そしてまたつよくなる
きっと

ほこれ ワイルドフラワー 荒野こうやのどなか
いつまでもかがやけるように 根強ねづよきるんだ
どこまでも さがしてる 一粒ひとつぶなみだ
じて ひと呼吸こきゅうをして
また あるそう