「緋の砂」の歌詞 T.M.Revolution

2005/1/26 リリース
作詞
Takanori Nishikawa
作曲
Daisuke Asakura
文字サイズ
よみがな
hidden
ほそくのびたかげ夕映ゆうばえに かれてはえてゆく
ふたりっても 言葉ことばだけ途切とぎれそうで

つないだのひらに つたわるねつ
ひとみなかあふれた

じて って こえせずに
こわれない おもいだけを しがるから
はなれては またちかづく 鼓動こどうふち
りそそぐ きみれて ねむろう

しろにじんでゆく 吐息といきまで すべるようにちるから
ほしのない夜空よぞらいまはただ 見上みあげてるの

カタチのないなにかを めるだけなら
ぼくじゃなくてもかった?

れないで そばにいて ふるえるよる
色褪いろあせた おもだけ あつめて
まばたきは すなようゆび隙間すきま
おともなく こぼれかぜがさらうよ

れるたびかんじていた サヨナラの意味いみとその理由りゆう

じて って こえはっせずに
こわれない おもいだけを しがるから
はなれては またちかづく 鼓動こどうふち
りそそぐ きみれて

いたくて えなくて はかなえて
面影おもかげは まだしずかに あいぶけど
もつれい この千切ちぎれる むねいたみと
とおざかる あのはもう かえらない