「last resort」の歌詞 T.M.Revolution

2000/10/12 リリース
作詞
井上秋緒
作曲
浅倉大介
文字サイズ
よみがな
hidden
「もうえない」とげるボクに
「…そっか」とぎこちない仕草しぐさ微笑ほほえ
夕暮ゆうぐれの公園こうえん 恋人こいびとたちけて
二人ふたりはサヨナラにあるいてゆく

ちがだれかに じたおもいをそそいでた
「それでいいから」と きみはじまって

あいしてくことしがって きみのぬくもりにあまえてた
これ以上いじょう そばれない ほそ指先ゆびさき はなすよ

最初さいしょからわかっていたから にすることない」
きみはうつむいて
「ラッキーだった」なんて 場違ばちがいなセリフで
はしゃいでみせるからいとしくなる

ずっとおもってた 「きになれればいいのに」と
なのに純粋じゅんすいれないものひと

奇麗きれい言葉ことばしがって きみをひたすらきずつけてく
ってつながらなくて こわれてくきずながある

もうすぐ途切とぎれる みち手前てまえまり
「ゴメン」一言ひとことわりしかないなんて

あいされることしがって くすのをやみかけるから
「あなただけわるくはない」と ゆるすようにわないで

おもせつなくなる いまならがしてる
それだけじゃ だけどいけない 一人ひとりきみかえすよ