「君がいない」の歌詞 TAK-Z

2012/7/25 リリース
作詞
TAK-Z
作曲
KEN KOISO,YOTA KOBAYASHI
文字サイズ
よみがな
hidden
はなれないとちかったのに となりにはきみがいない
ひとりきりの孤独こどくなかなみだでにじむ景色けしき

それは突然とつぜんのことだった れるなんて出来できなかった
おもかこまれた部屋へやあかりが かなしく自分じぶんらした
なつかしい写真しゃしんつめては 笑顔えがお二人ふたりうつした
あいにあふれてしあわせだった こころからきみきだった

何度なんど何度なんどつないであるいたみち
明日あすのことよりも いまきみのそばにいる意味いみ
大切たいせつなものを うしなってづいた
これほどのあいむなしさをるのでしょう

はなれないとちかったのに となりにはきみがいない
ひとりきりの孤独こどくなかなみだでにじむ景色けしき

あれから数年経すうねんたったいまわらずにきみおもってる
本当ほんとう,馬鹿ばかだとかっていても あたまにはいつもきみがいる
わすれることすらできないまま とき無情むじょうにもった
やけにつめたいかぜいた いつるのだろうか はる

何度なんど何度なんどねむれないよるごした
きずつくことよりも あいおおきさをおそれた
大切たいせつひとしあわせにはできなかった
これほどやんでも もうとおとどかない

はなれないとちかったのに となりにはきみがいない
ひとりきりの孤独こどくなかなみだでにじむ景色けしき
えない きみあたまからはなれない