「ピアス」の歌詞 TAKUI

2015/3/1 リリース
作詞
中島卓偉
作曲
中島卓偉
文字サイズ
よみがな
hidden
はじめてきみのピアスにむさぼりついたとき気付きづいたことがある
No regrets? No doubt?
得体えたいれぬ魅力みりょくというウイルスにこの体中からだじゅうがキマり 行方ゆくえ明後日あさって

ピエロとなり悦可衆心えっかしゅうしんのパレードはもう300日目にちめ
しがりもしないダンデライオンをむね
もしもうたがっているのならばこの右腕みぎうできざんだすみいて
心臓しんぞうにしがみつかせてやる

鼓動こどうがきみをもとめているから 距離きょりがきみを孤独こどくにするから
うたできみをやさしくつつみたいから
世界せかいできみを不幸ふしあわせに出来できるのもきみをしあわせに出来できるのも
きっとひとみまえぼくだけさ

こないだきみがてるあいだ不老不死ふろうふしくすりませちゃったよ
No control? No fun?
だつがしれないこころかくすドレスをいつまでてるつもり?
もっとかがみてよ

他人ひとにわあおえる二番煎にばんせんじやペテンども
やれ「自分じぶんはつ」だとパイオニアを気取きど
おしえてくれ「自惚うぬぼれ」とき「自信じしん」と意味いみがわかんないんだ
よごれても真実しんじつはきみがつたえてくれ

このがいつかむかえるとき すべてほうむられてくとき
きみがぼく化粧けしょうをしてくれないか?
弱味よわみきず蹴散けちらされたプライドは
つたえきれなかったうたともにきみがやしてよ

鼓動こどうあいがきみをもとめているから 距離きょりがきみを孤独こどくにするから
うたできみをやさしくつつみたいから
このがいつかむかえるとき すべてほうむられてくとき
きみがぼく化粧けしょうをしてくれないか?
このできみを不幸ふしあわせに出来できるのも きみをしあわせに出来できるのもきっと
過去かこかえっても 宇宙うちゅうめぐっても ひとみまえぼくしかいないぜ