「アンチェインド・ドリーマー」の歌詞 THE 虎舞竜

1993/4/21 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
文字サイズ
よみがな
hidden
スポットライトびたまま つかれたひとみじれば
何故なぜとおむかしこと昨日きのうようおも
たったひとつのゆめだけを いかけてはしつづけた
3650のよるかぜようぎた…

カバンひとつでった 東京とうきょうきの夜行列車やこうれっしゃ
ガキのころからあこがれてた すべてがこのまちにあると
本気ほんきしんじていたから まよいもためらいもなかった
えかけるまちさけんだ もう二度にどかえりゃしないと

わすれちゃいないぜ あのよるはるなのにゆきがちらついてた
くもった汽車きしゃまどいた Rock'Roll Starになってやるんだと
アンチェインド・ドリーマー いまむかしかわらないゆめつづけてる
アンチェインド・ドリーマー かぎりのないみちをいつまでもはしつづけてる

はたらきずくめの毎日まいにち孤独こどくきりでいる毎日まいにち
なにもやれない苛立いらだちで 都会とかいらしにけてた
シンナーとクスリけだった まちりゃひとなぐった
おんなならだれでもよかった きることにもつかれてた

ひだり手首てくびにナイフをあてて そのままのうとおもったよる
ラジオにこぼれたあのうためていたむねした
アンチェインド・ドリーマー いまむかしかわらないゆめつづけてる
アンチェインド・ドリーマー かぎりのないみちをいつまでもはしつづけてる

スポットライトちて だれもいないこのステージ
いつのからかこのうえで いつのからかうたってた
おれがもしここにいなけりゃ ただのチンピラになってた
いきれてこえかつれて たおれてもうたつづける

わすれちゃいないぜ あのよるわすれちゃいないぜ あのまち
わすれちゃいないぜ あのうたわすれちゃいないぜ あのゆめ
アンチェインド・ドリーマー いまむかしかわらないゆめつづけてる
アンチェインド・ドリーマー かぎりのないみちをいつまでもはしつづけてる