「エキストラ」の歌詞 THE 虎舞竜

1993/4/21 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
文字サイズ
よみがな
hidden
二人ふたりらした原宿はらじゅくのアパート 薄暗うすぐら部屋へやゆめだけていた
となり部屋へやからながれるレコード かべみみをあてて 二人ふたりいていた あのころ
一枚いちまい毛布もうふくるまり って ぬるったよる
つきかりまどうつる12がつゆきかげがまるで ミラーボールみたいで
きみいだセーターからやみひか静電気せいでんきがとても綺麗きれいだったね

役者やくしゃになろうと故郷こきょうてもう5ねん 映画えいが仕事しごとでも いつでもエキストラ
まわりの仲間なかまがまた一人ひとりえてゆく
このおれひとりだけゆめてきれずにきてた
このひろ大都会だいとかいには ころがっているはずのチャンスを
つかみかけてつかみそこね そんなことかえしてばかり いたこともあるけど
そんなおれをどんなときなにわずしんじてくれたきみおなせいのろう

一緒いっしょになろう……」

二人ふたりだけでかけようよ おれてる映画えいがしい
きみへのプレゼントさ
たったひとつみじかいけど台詞セリフがあるやくなんだよ
きっとよろこんでくれるだろう

エンドマーク キャストの文字もじきゃくってだれないけれど
ほら…おれ名前なまえ
いつのにか主役しゅやくとって ひろ部屋へやきみ二人ふたりだけの ゆめみてたシナリオ

それまでは 名前なまえもない エキストラ…