「ロード~君のぶんまで生きよう」の歌詞 THE 虎舞竜

2011/11/2 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
文字サイズ
よみがな
hidden
あの あのとき きみ出逢であっていなければ
こんなにかなしむこともなかったとおも
でもわなけりゃ もっと不幸ふしあわせだった…。
どんなにとしをとっても をつないでいる
そんな二人ふたりでいようとちかったこと
いまむかしおも物語ものがたり…。
このみちも このくるまも この情景じょうけいだって
あのよるおなじままさ
ただおれよこねむってたはずの
きみだけがいない…。

なんでもないようなことしあわせだったとおも
なんでもないよること 二度にどとはもどれないよる

こえしてきたかった あのよるきみえたみち
何度なんどいかけようとして じてアクセルんだ
そんなときそばできみこえこえて おれこころなかにいると気付きづ
あいするひとうばったこのカーブに はなけばいつもゆきりだす…
きみのぶんまでこう…きみのぶんまでわらおう…
きみのぶんまであるこう…きみのぶんまできよう…
とおむかし約束やくそくしたね…。
とおむかし約束やくそくしたのに…。
ちょうどいち年前ねんまえに このみちとおったよる
昨日きのうことのように いまはっきりとおも
大雪おおゆきったせいで くるまながれつ
どこまでもつづあかいテールランプが綺麗きれい

サイドシートのきみは まるで子供こどものように
微笑ほほえみをかべたまま ねむれるもり少女しょうじょ
ゆすってこしたおれうらめしそうににらんで
おれにぎかえし「あいしい...」とった

なんでもないようなことしあわせだったとおも
なんでもないよること 二度にどとはもどれないよる

なんでもないようなことしあわせだったとおも
なんでもないよること 二度にどとはもどれないよる

二度にどとはもどれないよる.... 二度にどとはもどれないよる...。