「ロード~第三章」の歌詞 THE 虎舞竜

1995/1/1 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
文字サイズ
よみがな
hidden
こえしてきたかった あのよるきみえたみち
何度なんどいかけようとして じてアクセルんだ
そんなときそばできみこえこえて おれこころなかにいると気付きづ
あいするひとうばったこのカーブに はなけばいつもゆきりだす…

きみのぶんまでこう…きみのぶんまでわらおう…
きみのぶんまであるこう…きみのぶんまできよう…

とおむかし約束やくそくしたね…。

挙式しき指輪ゆびわもいらない。」と、きみ空缶あきかんのフタをして
「これでいいの…。」と、いながら
ふたりでつけてはしゃいでたのに
おおきくなったおなかおれてて
おとこおんなとどっちがいい…?」といた
あのころしあわせのおもだけと いまらすきみのいない部屋へやで…

きみのぶんまでこう…きみのぶんまでわらおう…
きみのぶんまであるこう…きみのぶんまできよう…

とおむかし約束やくそくしたね…。
とおむかし約束やくそくしたね…。

今夜こんや不思議ふしぎ大雪おおゆきさ あのよるきみえたみち
どこまでもつづあかいテールランプが
綺麗きれい最後さいごおれにくれたメモリー

きみ一緒いっしょこう…きみ一緒いっしょわらおう…
きみ一緒いっしょあるこう…きみ一緒いっしょきよう…

きみのぶんまでこう…きみのぶんまでわらおう…
きみのぶんまであるこう…きみのぶんまできよう…

とおむかし約束やくそくしたね…。
とおむかし約束やくそくしたね……。
とおむかし約束やくそくしたのに…。