1. 夏休み歌詞

「夏休み」の歌詞 THE 虎舞竜

1995/3/15 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
文字サイズ
よみがな
hidden
だれでもたのしみにしてた ちいさいころ夏休なつやす
秘密ひみつのかくれいえつくって あそんでいたのに

自転車じてんしゃはしまわってた はらっぱはすぐにくなって
アスファルトにおおわれて 面影おもかげもない…

あーちどおしい あーおさな夏休なつやす

煙草たばこはじめたのは 中二ちゅうにになった夏休なつやす
大人おとなになったがしたけど せきこんだだけで

きなおんな出来でき電話でんわをかけてみたけれど
つながった瞬間しゅんかんった ちいさくて…

あーせつなかった あーおさな夏休なつやす

高校こうこうはいったころには からだだけは大人おとなになって
使つかいもしないコンドームを ポケットにれて

花火はなび大会たいかいのあったよる さけったいきおいだけで
きでもないおんなあいもないまま…

あーむなしかった あーあお時代とき夏休なつやす

二年にねん片想かたおもいしてた あのごす夏休なつやすみ…
まえからきだった…。」とわれ むねいたんだ…

「どこかとおくにれてって…。」と おれのバイクにさきって
またがるおれつぶやいた 「わたしをあげる…。」…と。

二人ふたりまちのはずれにある やすいホテルの部屋へやはい
言葉ことばわさないうちに 口唇くちびるかさねた…。

あーゆめのような あーあいった夏休なつやす

あるあのなにわず 連絡れんらくもないつづいて
電話でんわをかけてもいで もらえないまま……

おれはあのいえまえ何日なんにちせていた
やっとあの瞬間とき こえもかけれず…

にはなみだかべてた まるで犯罪者はんざいしゃみたいに
両脇りょうわきかかえられたまま タクシーに

母親ははおやまわりをにして 病院びょういんはいってった
そして「中絶ちゅうぜつ」という判決はんけつけた

つぎ速達そくたつとどく もうすぐわる夏休なつやす
どうてもあのじゃない 「もうえない…。」…と。

あーあいゆめも あーかれた夏休なつやす
あーあいゆめも あーかれた夏休なつやすみ…。

あーあいゆめも あーかれた夏休なつやす
あーあいゆめも あーかれた夏休なつやすみ…。