「故郷の風」の歌詞 THE 虎舞竜

1993/12/16 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
文字サイズ
よみがな
hidden
20ねんぶりの故郷ふるさとむかしんでたいえもなく
だけどどこかあのころにおいがのこってるよ

学校がっこうしては かわのほとりによくった
くさむらによこたわって ゆめ見上みあげていた

このまちてて 都会とかいくんだと
一人ひとりめたこの場所ばしょおなようよこたわってみる

Woo 故郷ふるさとちかくてとおかえりづらかった理由わけもあるけど
もういいさ わすれよう

10年前ねんまえ一度いちどだけ 同窓会どうそうかいたくて
んなのかおなつかしくて かえろうとしたけど

きてことだけでも うまくかない都会とかい
ぼろぼろになった姿すがたわらわれるのがこわくて

大晦日おおみそかよるに こたつにひとりもぐって
除夜じょやかねむなしすぎて みみさえていたんだ

意地いじ見栄みえてて もっと素直すなおになりなよと
いまならおそくはないさ」と やさしくかぜささや

Woo 故郷ふるさとちかくてとおかえりづらかった理由わけもあるけど
Woo 故郷ふるさとわすれかけてた あのころゆめを あのままのゆめ
もう一度いちど せてくれた
もう一度いちど やってみよう はじめから……