「理由なき反抗」の歌詞 THE 虎舞竜

2011/11/2 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
文字サイズ
よみがな
hidden
あのなつおなみちはしりながらおも
無免許むめんきょで?ばしたバイパス しろバイにまわされてた
ぬすんだバイクだった…。そう…。

田舎いなかまち退屈たいくつで イキガッタしゃつけ
うしろからあおりながら コインげつけまどガラスを
流行はやりのあそびだった…。そう…。

ワルサをすること特別とくべつ理由りゆうはなかった
本当ほんとうさびしくて ただだれかに かまってしかった
孤独こどくよるこわかった…。

まちはずれのドライブイン ピンボールであそんでたら カギがこわれて
ちたかねひろっただけで みせのオヤジに通報つうほうされ
ケイサツがんできた…。そう…。手錠てじょうをかけられた…。そう…。

あるばんにとなりまち暴走族ぼうそうぞくとつるんでた
検問けんもん突破とっぱしてパトカーやして大事件だいじけんになる
なぐられ逮捕たいほされた…。そう…。

裁判所さいばんしょとき おれ親父おやじかおやさしくて
一言ひとことおこらずに だから なおさらあやまりづらくて
こころきずいたかった…。もうそろそろバカはよそうかと…。
16さいのオトナになるまえに…。

なつかしいあのなつおなみちはしりながらおも
ディープ・パープルのレコードを いにときコケちまったけど
なずにすんだのさ…。そう…。実家じっかえてきた…。もう…。
今年ことしこそ素直すなおに…。そう…。親父おやじにあやまろう…。そう…。