「ロード ~第三章~」の歌詞 THE 虎 舞竜

1995/1/1 リリース
作詞
高橋ジョージ
作曲
高橋ジョージ
文字サイズ
よみがな
hidden
こえしてきたかった
あのよる きみえたみち
何度なんどいかけ
ようとして
じて
アクセルんだ
そんなときそばで
きみこえこえて
おれこころなか
いると気付きづ
あいするひとうばった
このカーブに
はなけばいつも
ゆきりだす…
きみのぶんまでこう…
きみのぶんまでわらおう…
きみのぶんまで あるこう…
きみのぶんまできよう…
とおむかし
約束やくそくしたね…

挙式しき指輪ゆびわ
いらない。」と
きみ空缶あきかん
フタをして
「これでいいの…。」と
いながら
ふたりでつけて
はしゃいでたのに
おおきくなったおなか
おれてて
おとこおんな
どっちがいい…?」
いた
あのころしあわせの
おもだけと
いまらす
きみのいない部屋へやで…
きみのぶんまでこう…
きみのぶんまでわらおう…
きみのぶんまであるこう…
きみのぶんまできよう…
とおむかし約束やくそくしたね…
とおむかし約束やくそくしたね…

今夜こんや不思議ふしぎ大雪おおゆき
あのよる きみえたみち
どこまでもつづ
あかいテールランプが綺麗きれい
最後さいごおれ
くれたメモリー
きみ一緒いっしょこう…
きみ一緒いっしょわらおう…
きみ一緒いっしょあるこう…
きみ一緒いっしょきよう…
きみのぶんまでこう…
きみのぶんまでわらおう…
きみのぶんまであるこう…
きみのぶんまできよう…
とおむかし約束やくそくしたね…
とおむかし約束やくそくしたね…
とおむかし
約束やくそくしたのに…