「春の嵐」の歌詞 THE ALFEE

2006/11/22 リリース
作詞
高見沢俊彦
作曲
高見沢俊彦
文字サイズ
よみがな
hidden
かがやきの日々ひび色褪いろあせてくように
うつろう四季しきなかゆめしぼんでゆく
あのころのままではきてはけない
あま挫折ざせつかおりにぼくちすくむ

なつかしいチャペルのかね
まぶしいとも笑顔えがお
さざなみのように おもせる

あのえるような
あお苦悩くのう記憶きおく
素晴すばらしい日々ひび
二度にどもどらぬきらめき

はるあらし 桜舞さくらま
りゆくこい
後悔こうかいゆめ

ふゆきびしいさむさははるへのあこが
なみだもやがてかわ微笑ほほえもど
でもこころいたみは容易たやすくはえない
うつくしいおもほどふかきずになる

涙奏なみだかなでる小夜曲セレナーデ
ねむれぬよるいま
おもすのは きみうし姿すがた

あのいのるような
なみだまじりのためいき
きもせずに
木漏こもえたひと

はるあらし 桜舞さくらま
りゆくこい
後悔こうかいゆめ

はるあらしゆめ
そして
季節ときいろどりあざわら
桜吹雪さくらふぶきなかで…

うつくぎるひと
このむねでいつまでも
うれいをめたひとみ誘惑ゆうわく

あのあわはかな
やわらかなぬくもり
わす恋人こいびと
この胸今むねいまきてる

ときえてもう一度いちど
あのもどれるなら
いまちがかた
出来できたのかもれない

あのえるあい
このむねをしめつける
素晴すばらしい日々ひび
二度にどかえらぬ青春せいしゅん

はるあらし 桜舞さくらま
りゆくこい
後悔こうかいゆめ