「桜の実の熟する時」の歌詞 THE ALFEE

2009/5/13 リリース
作詞
高見沢俊彦
作曲
高見沢俊彦
文字サイズ
よみがな
hidden
おもえば他愛たあいもない
れるこころ すれちが
いまならばおたがいに
些細ささいうそゆるえる
さくらじゅくするとき
もう一度いちどやりなおしたい

どれほどゆめをあきらめ
ここまであるいて
かえれば後悔こうかいという
なみだわだちがある

そばにいてしいそれだけで
ぼくなにのぞみはしない
きみがそこにいるそれだけで
ぼくしあわせにつつまれる
桜舞さくらまさか途中とちゅう
きみ背中せなかいかけて

ゆる緑光みどりひかりうず
おど季節きせつ 裏腹うらはら
だれもが皆胸みなむねおく
いくつものきずかかえてる
さくらじゅくするとき
自分じぶんという孤独こどくづく

ときにはかがみなか
自分じぶんいかけよう
しあわせとはそれぞれに
みちはさまざまにつづ

そばにいてしいそれだけで
ぼくなにのぞみはしない
きみがそこにいるそれだけで
やさしいひかりつつまれる
桜舞さくらまさか途中とちゅう
きみ背中せなかいかけて

なんのためひとまれて
だれのためここにいる
そのこたえはそれぞれに
自分じぶん価値かちのままに

そばにいてしいそれだけで
ぼくなにのぞみはしない
きみがそこにいるそれだけで
ぼくしあわせにつつまれる
時間ときめて見渡みわたしてごらん
あいとはそばにあるもの

さくらじゅくするとき
きみをこのきしめよう
そばにいてしいそれだけで
ぼくなにのぞみはしない
きみがそこにいるそれだけで
やさしいひかりつつまれる
桜舞さくらまさか途中とちゅう
本当ほんとうあいえる

桜舞さくらまさかうえ
微笑ほほえきみ