1. ラフレシア歌詞

「ラフレシア」の歌詞 THE BACK HORN

2010/9/15 リリース
作詞
菅波栄純
作曲
THE BACK HORN
文字サイズ
よみがな
hidden
このほし蔓延まんえんしてゆく感情かんじょうのパンデミック
あきらめわる体温たいおんきろとうよ
弱肉強食じゃくにくきょうしょく 野生やせい時代じだいだれもがはしりつづける

赤々あかあかまれラフレシア 地獄じごくそこ極彩色ごくさいしき
地上ちじょうはまるでエデンのその かくされたうそあばかれる

拒絶きょぜつてろ この世界せかい
たぎらせてく 体温たいおんはあきらめない

2000年にせんねん一瞬いっしゅん閃光せんこう 紀元前きげんぜん人類じんるい回答かいとう
「わかっちゃいるがどうにもやめられねぇな」
欲望よくぼうえがいたシナリオどおりに世界せかいまわりつづける

みだわらうラフレシア 罪深つみぶかうたうつくしく
落雷らくらいつバベルのとう その頂上ちょうじょうだれわら

拒絶きょぜつてろ この世界せかい
たぎらせてく 体温たいおんはあきらめない

いま こごえるたましい かしてゆく そのぬくもりにれて目覚めざめてゆく
この罪悪感いたみまらない 何故なぜ?

赤々あかあかまれラフレシア 地獄じごくそこ極彩色ごくさいしき
地上ちじょうはまるでエデンのその かくされたうそあばかれる

みだわらうラフレシア 罪深つみぶかうたうつくしく
落雷らくらいつバベルのとう その頂上ちょうじょうだれわら

まれちた その意味いみおしえてくれ
あいった その理由わけおしえてくれ