「世界を撃て」の歌詞 THE BACK HORN

2008/9/3 リリース
作詞
菅波栄純
作曲
THE BACK HORN
文字サイズ
よみがな
hidden
突風とっぷういて葛藤かっとうくだった
雑踏ざっとうけて戦場せんじょうもどった
それぞれの日々ひびたたか意味いみ
すほどよわくないさ こぶしにぎ

瞬間風速しゅんかんふうそく台風たいふうえていった
上昇気流じょうしょうきりゅうっかってがった
何処どこまでもべよ おもうがままに
自由じゆううばとも夜明よあけを目指めざ

孤独こどくあばひかり その最前線さいぜんせんをゆけ
つめる眼差まなざしはぐに 世界せかい

臆病者おくびょうものおれのことをんだ
やみなか首根くびねっこをつかんだ
蹴飛けとばしておどれ その亡霊ぼうれい
しらけたしゃれこうべ かぜかれえてく

いのちけてみたい しんじるべきおもいに
れゆくだいだい逆光ぎゃっこういてく

臆病者おくびょうもの過去かこいてんだ
覚悟決かくごきめてまれわれ今夜こんや
きてゆくことをあきらめるなら
軽蔑けいべつしておくれ どうかあいするひと

孤独こどくあばひかり その最前線さいぜんせんをゆけ
つめる眼差まなざしはぐに 世界せかい

こころ正解せいかいだろう いつかはわらえるだろう
てなき悪戦苦闘あくせんくとうみち つづいてゆく

かおげて世界せかい