「世界中に花束を」の歌詞 THE BACK HORN

2011/3/30 リリース
作詞
THE BACK HORN
作曲
THE BACK HORN
文字サイズ
よみがな
hidden
なぜだろう なにもないな
あんなにしかったのに
あるのはさみしさとかすみがかったそらだけ

きるのは簡単かんたんなことではないけれど
つらいだけでもないだろう
ひとのないがたまち
あるくのがきだった

世界中せかいじゅう花束はなたば太陽たいようのぼるそのまえ
ひかり笑顔えがおよろこびに かくされてしまうそのまえ

不思議ふしぎだな あこがれやゆめちかづけばちかづくほど
とおざかってゆくようだ
えてしまいそうなほどに
ぼく今無力いまむりょく

あのそらではずっとえないかなしみが
もういいよとなげいてる
かるはずみな言葉ことばはやめて
すべてのひとにおやすみ

世界中せかいじゅう花束はなたばまれわれるそのまえ
今日きょうだけのかなしみに さよならをげてるよ

なにもかもみんな もともとはひとつだったのか
はかなれながらえてしまうほどに
たしかにぼくはここにいるから

かなしみにまみれたくないんだよ
まだゆめかなえたくないんだよ
神様かみさまになりたいわけじゃないんだよ
またきみいたくなるんだよ

いま こころのとびらひらいてゆくのさ
ねむれる孤独こどくれたまま
心臓しんぞううごくのさ 世界せかいうごいているのさ
だれにも邪魔じゃまされることなく

あさひるよるひかりかげぼくとそのあいだかなでている
おどけてわらってよ わすれはしないだろう
ずっとずっとはしつづけてゆく

世界中せかいじゅう花束はなたば太陽たいようのぼるそのまえ
ひかり笑顔えがおよろこびに かくされてしまうそのまえ

世界中せかいじゅう花束はなたばまれわれるそのまえ
今日きょうだけのかなしみに さよならをげてるよ

ぼく何処どこ何処どこっても
またここにかえるだろう