「夏草の揺れる丘」の歌詞 THE BACK HORN

2008/1/23 リリース
作詞
THE BACK HORN
作曲
THE BACK HORN
文字サイズ
よみがな
hidden
釈迦堂しゃかどうとお宵待よいまちのさか
なつかしきかお夏草なつくされるおか

世界中せかいじゅうかなしみをうれうなんてできねぇさ
せめて大事だいじひとしあわせであるように

影踏かげふかえ子供こどもこえ夕焼ゆうやけに世界せかい
まだすこしだけつづくとおもえたよ

明日あしたからぬのにひと約束やくそくをする
いつかまたまできる意志いしなのだろう

みんながわらおれわらえばうれしさがあふれる
いしれある祭囃子まつりばやしなかずっと

今夜こんや ゆめじゃない ここにいるよ
こんなにまっすぐにわらえるよ
何度なんどでもあるせる
何処どこまでもけるがする

現実げんじつそら 日々ひびうれいがあめになってちる
あきらめばかりめぐよるもあったけれど

いま 雷鳴らいめいむねたた
もがきながらまっすぐにてと
おもいまきる
祭囃子まつりばやしとおこえる

ゆめじゃない ここにいるよ
こんなにまっすぐにわらえるよ
何度なんどでもあるせる
何処どこまでもけるがする