「幾千光年の孤独」の歌詞 THE BACK HORN

2008/1/23 リリース
作詞
THE BACK HORN
作曲
THE BACK HORN
文字サイズ
よみがな
hidden
天国てんごく空席くうせきはない
鳥獣戯画ちょうじゅうぎがうたげつづ

人類じんるい平等びょうどうだとか あいしてるとか
やらせろよ あばずれ

てつく真夏日まなつびえりあるいてく
背中せなかけついた 十字架じゅうじか

幾千光年いくせんこうねん憂鬱ゆううつりそそぐ
ビルのそこ かおのないキリストがいてる

オルゴール あめうたえば
最終さいしゅうのベル 羽根はねのない道化師どうけし

ガラスの子供達こどもたち 星空ほしぞらべたこと
わすれてしまうだろう いつしか

幾千光年いくせんこうねん孤独こどくさえとどかない
宇宙そら太陽たいようのたてがみがれてる

モノクロームの世界せかい朝日あさひはもうのぼらない
絵画かいがめた向日葵ひまわり

幾千光年いくせんこうねん憂鬱ゆううつりそそぐ
ビルのそこ かおのない人々ひとびといた

おもいさえとどかぬ 宇宙そら
太陽たいようのたてがみがれてる