「栄華なる幻想」の歌詞 THE BACK HORN

2010/4/21 リリース
作詞
岡峰光舟
作曲
THE BACK HORN
文字サイズ
よみがな
hidden
はるかなる大地だいちみしめていたのはわか血潮ちしお
とおそら おもいはいつもそこにあった あわゆめ

びたかげ ふるたすように あのひとはそっとわらっていた

いずれまたおう かえりはせず そそひかりへとはしけて
だれらないでながれてゆくはなよ やがてかわとなりうみとなりてえゆく

何故なぜぼくらはわすれてしまうのだろう 日々ひびなか
何故なぜぼくらはかえしてしまうのだろう なにえず

つくられた空虚くうきょ樹海じゅかいへ いつまでもまよんだまま

いのち価値かちとか平等びょうどうがどうとか孤独こどくおそれてくちをそろえ
なにらないで世界せかいぎてゆく あふれる言葉ことばもれてゆく 星屑ほしくず

万朶ばんださくらあかつきそら下眠もとねむ
かえくは栄華えいがなる幻想げんそう

いのち価値かちとか平等びょうどうがどうとか孤独こどくおそれてくちをそろえ
なにらないで世界せかいぎてゆく あふれる言葉ことばもれてゆく

まだ目覚めざめないその眼差まなざいまこそひらいて
またかがやきを太陽たいよう いまもっとたかくへのぼるさ