「生命線」の歌詞 THE BACK HORN

2008/1/23 リリース
作詞
THE BACK HORN
作曲
THE BACK HORN
文字サイズ
よみがな
hidden
「どうにでもなればいい こんな世界せかいは」
最終さいしゅう列車れっしゃちかづく
きし車輪しゃりんおと だれかの悲鳴ひめい
あらしさらいきおいを

時代じだいはメリーゴーランド
とされそうなスピードのなか
いているひまはない

線路せんろつめたさにれてはじめて
自分じぶんの「体温たいおん」をかんじた
必死ひっしえているあかいのち
きていたい」とたしかにげた

素晴すばらしい明日あしたひろがってゆく夜明よあ
最悪さいあく日常にちじょうあいせるのなら

このそら暗闇くらやみ心映こころうつかがみなら
えていける いつだって
そのこころ世界せかいだろう

理由りゆう確信かくしんばすかぜ
わけもわからぬままんでく
それでもたぎるともきよう
関係かんけいするのさ いのちかけて

時代じだいはメリーゴーランド
とされそうなスピードのなか
じたそのひら

素晴すばらしい明日あしたひろがってゆく夜明よあ
最悪さいあく日常にちじょうあいせるのなら